2017年03月13日

Wrapping Cloth

新作です。

陶芸作家 鹿児島睦さんの生み出す図案を元に、ハンカチやポスターなど

雑貨を展開する ZUAN & ZOKEI から、新たな商品ができあがりました。

フィンランドのテキスタイルメーカー LAPUAN KANKURIT の元で

作られた大きなラッピングクロスが到着しています。

IMG_0607.JPG IMG_0640.JPG

IMG_0608.JPG

生地はラプアンカンクリのキッチンタオル、リネン100%のものを

イメージしてみてください。

地厚でしっかりとした素材感があります。

正方形のクロス。

IMG_0609.JPG IMG_0625.JPG

正面ということがなく、どこからみても絵柄を楽しんでいただけます。

ビスケットみたいなお花がなんだかおいしそう。


今回、“ラッピングクロス”ということになったのが、

日本の風呂敷にまつわる 包む文化と フィンランドの生活シーンを彩る

テキスタイルの楽しさを融合した 多用途なクロスとして・・・とのこと。

クロスとしては、すぐにテーブルトップへとイメージしていただけるかと思います。

KUKKA (花) では、約90cm四方、NORSU (象)では約65cm。

IMG_0612.JPG IMG_0633-a.jpg

鹿児島睦さんの描く花たちが好きとおっしゃっていただくことがよくあるのですが、

今回は象の柄もとてもすてきな花たちが周りを飾っています。

見るからに、「これはアザミかしら?ラナンキュラスかしら?」と

楽しんでいただけるかと思います。

 IMG_0636.JPG

とてもシンプルに描いているのですが、この描写がわかりやすくかわいらしい。

さらには、ぞうさんが持っているのはユリ。こうしたあたりも日本らしいと

勝手に感じ入ってしまいます。いつものように、花たちがくすくす笑っているようですし。

ぞうの絵柄はこどもっぽくないのかしらと思われるかもしれませんが、

周りを取り囲む花たちは上品で、生地のシャリ感がすこし

シルバーカラーのような光の反し方をしますので、品よく映ります。

IMG_0639.JPG IMG_0613.JPG

テーブルクロスにとお考えでしたら、

店頭でご覧になると存在感があります。サイズを数字で受ける認識と

実際に受ける印象、それからご自宅へ連れ帰って広げてご覧になるのでは

すこしギャップがあるかもしれませんので、ここに使いたいとのイメージが

おありでしたら、一度ご自宅で測ってからのご検討をおすすめします。

とは言いながら、きっとみなさんこうしたものは

一目惚れのようなものかもしれませんね。

IMG_0629.JPG IMG_0626.JPG

店内では普通地のリネン生地にトップクロスとして重ねています。

ローズの淡いピンク色がよく映えます。テーブルに一枚だけよりも安定感もありますので

重ねてのコーディネートがおすすめです。


ローズでは、空間がやわらかく包み込まれるよう。甘くなるわけでもなく、

かわいらしすぎるということもなく、やわらかい感じ。ベビーカラーのようでいて

リネンの少しシャリ感があるところが、象の絵柄同様に品のよさをプラスさせているよう。

おそらく、クッションを包み込んでインテリアに取り込んでみても

可愛らしい空間が生まれると思います。

ただ、そうして「包む」にすると、見える面の大きさは当然小さくなりますので、

まずこの一枚を楽しんでいただくには、やはり大きく広げてクロスとするのが

一番かもしれません。それともタペストリーとして取り入れてみましょうか。

そうすると今度は、上質なリネン素材も体感していただきたいものです。

十分絵柄を楽しんでいただけましたら、クッションカバーにもしてみてくださいね。

IMG_0621.JPG

色のコントラストはグレーではメリハリがありますので、絵柄は

はっきりと分かりやすく仕上がっています。

グレーでは、光によって表情が違って見えてくるよう。

窓から射す朝の爽やかな自然光や、夜のあたたかみのある照明の下での

穏やかな印象。ローズ、グレーともそれぞれに魅力があるように感じます。

IMG_0616.JPG IMG_0617.JPG

すでにラプアンのキッチンタオルで、この質感を体験して

くださっている方にとっては、使い心地を想像していただきやすいことでしょう。

お手元で使い始めはお洗濯してください。

ご使用いただいているうちに次第にやわらかく変化してきます。

おろしたてすぐには、生地が厚いので本当に「包む」を目的にすると

結び目が少々硬いかと思いますが、馴染んでくるとしっかりとした生地感が

包んでいるということの安心感となりますので、よくある風呂敷とはまた

違った“ラッピングクロス”と確かに捉えていただけるかと思います。

IMG_0623.JPG

フィンランドの暮らしの中のテキスタイル・・・と言われると、個人的には

ピクニックやハイキングを連想し、かごの中にクロスを敷いて、中には

水筒とマグとちょっとのスコーンやパン、ジャムを詰め込んで

みんなで湖畔でもいくのかしら・・・と想像します。それから、きっと

自生しているたくさんのベリーの色とりどりを持ってきたクロスいっぱいに

みんなで摘むのかしらなんて。ほおら、風呂敷?

 IMG_0638.JPG

夏にはきっと、海岸でレジャーシートがわりにぞうさんの上に

ちびっこを座らせておきましょうか。それもいいでしょう。

それとも全く違って、小さなぞうにはパン生地を寝かせる時に

包むクロスとして活躍いただきましょうか。ぞうさんみたいにうっとりするような

おいしいパンができそうです。・・・なんてことも?


大きなシカクと小さなシカク。

新作ラッピングクロス、どうぞご覧になってくださいませ。

かわいいです。シカクいっぱいに広がる鹿児島睦さんの世界を

お楽しみください。

 ZUAN & ZOKEI Wrapping Cloth
 KUKKA ¥6000+税 / NORSU ¥4500+税 

posted by IVORIC MOMENT at 13:17| Comment(0) | TrackBack(0) | zakka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。