2015年06月07日

牛革ロールペンケース

IMG_4667.JPG

以前にミニマルなCINQのカードケースをご紹介したことが

ありましたが、今日はそのお仲間の話。

店内にひっそりと静かに、潜んでいるように“そこにある”といった体です。


牛革のペンケース、とてもやわらかな触り心地です。

ふわふわとした、不思議な感触。

黒色の革小物というと堅い印象がしがちですが、

角のないやさしい感じを受ける品です。

IMG_4673.JPG

中にペンが納まると、その形が革の上から感じられます。

「ああ、ここに今日もあるな。」といったその感覚も、

連れ添い万年筆やボールペンが手元にいる、安心感のような気がします。

内側は目の覚めるようなロイヤルブルー。

こちらはスエードを模した合皮です。選りすぐりの筆記具を大切に

そして丁寧に、持ち運びいたします。

IMG_4678.JPG IMG_4681.JPG
 CINQ ロールペンケース ¥6300+税

ポケットの幅に大小があります。

太い万年筆もしっかり納まります。

これなら大切な筆記具を傷めることなく、いつでも手元に置けそうです。

端にCINQの印が入っています。

IMG_4674.JPG IMG_4684.JPG

留め部分は真鍮製です。

キラキラして目立つことなく、マットな落ち着いた黒色に

くすみ色の留めがよく似合っています。

“くるりと巻いて、留める”、“ペンを抜く”、そんな仕草が

お茶の所作のようで、静かなONとOFFの切替えの瞬間みたい。

CINQオリジナルのアイテムはどれも、当店においていると

かわいいと言っていただく事も多いのですが、性別や年齢に関係なく

お選びいただきます。どれも、ひとつひとつが使っているうち

その方の個性のひとつへとすっと馴染んでいくような気がいたします。

使い手によって、かっこよくも美しくも、かわいくも見えます。

  IMG_4689.JPG

不思議な存在感。今日も店内に“そこにある”といった印象。

静かにそこにあっても、お気づきになる方がおられるのですから、

モノは巡り合いです。縁ですね。



posted by IVORIC MOMENT at 11:35| Comment(0) | TrackBack(0) | zakka | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。